犬のしつけについて勉強しました

勉強をしました。犬をほめる際には「いいこ」など短く簡潔な言い方でほめます。その際にフードなどのごほうびを与え、言葉とごほうびが結びつくようにしていきます。犬が落ち着いて過ごせる場所としてハウスを教えると、飼い主にとってもメリットがいろいろあります。「おすわり」はアイコンタクトに次いですべてのトレーニングの基本です。気持ちを落ち着かせるときにも、まず「おすわり」させてから行うといいでしょう。「ふせ」は「おすわり」より、さらに体を低くします。寝るときに近い姿勢なので、犬が落ち着いてリラックスすることもできます。「おいで」は散歩中など、離れた場所にいる犬を呼び戻すための重要なトレーニングです。やり方は飼い主1人でするトレーニング方法と、他の人にも参加してもらって2人でするトレーニング方法があります。「待て」は散歩中、他の犬に向かっていこうとしたりするときなどさまざまな場面で使えます。「お手」で犬が足先を飼い主の手に預けるのは飼い主との信頼関係ができていて、ふれあいを楽しめているということです。ルルシア