ドッグフードなどについて勉強しました

勉強をしました。ドッグフードは水分の含有量によってドライ、モイスト(半生)、ウェットに分けられます。ドライフードは栄養バランスにすぐれたものが多く、保存性・衛生面からも扱いやすいのが特徴です。歯石がつきにくいメリットもあります。総合栄養食の多くも、このタイプです。水分が多めのウェット/セミモイストタイプのドッグフードは食感や味がいいため、犬が好みがちです。1日のフード量は年齢(月齢)、体重をもとに決まります。フードのパッケージに表示されている規定量が目安になります。成長期の子犬は代謝も高いため、十分に食べさせる必要があります。その場合、次の食事は1割だけ量を増やして様子を見ましょう。3カ月ごろまではぐんぐん体重が増えていきますが、4~5カ月を過ぎると成長も徐々にゆるやかになります。最初はやわらかめのフードから始めて、徐々に水分を減らして固形に近づけます。犬の健康を守るために、かかりつけの動物病院を決めておきましょう。http://www.cottonclaw.com/